index

ホモ・フェイバー

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き残るのでもない。
唯一生き残るのは、変化できるものであるとは、チャールズダーウィンの言葉。

モノも人も、エネルギーの物質化であるという科学者がいる。
類は友を呼ぶという事は極自然の事であり、場合によってその集積は強力な磁場を持つ。
そこには各々ストーリーがあって、一つ一つの結果に向かっている。




最近はファッションよりもアート界やデザイン界の方が、日本では元気がいい。
混沌としていて明確でない時代に、そもそも枠に収まる事が不必要に思われた。
同時に変わらないと駄目であると訴えるかのようであった。
私たちは、何がどう変わっていくかの一端を、垣間見ることになったのだった。
人間の本質的である「創造」に対して、未来という時間軸から覗き込んだ時、
そこには、創造に関わる境界線の崩壊が繰り返されている事に気が付く―
そしてその度に、洗練は繰り返されていく。

人間と時間が固めてしまった領域や概念といったものを、今一度壊すべき時が来ているのかもしれない。

時代に合わせてそれまでの垣根は取り払われていく。
決して新しいものではないのかもしれない。
だが、内容が違う。


他との差異化に、形よりも生地などに活路を見い出すデザイナーも多く出てきている。

ドメスティックブランド、YAB-YUMのデザイナーであるパトリック氏曰く、今は何がお洒落なのかが分からない潜伏の時代だと言う。

現象を捉えきれない、従来の認識枠さえも、壊すべき時なのか。
例えば次の時代に合う、新しいミニマリズムは一体何でありどこから出てくるのか。

そんな問いかけに明かりをともす、ポジティブな世界に出逢った。


一言で言えば、極めてローカルで有機的でより直接的な関係性である。
やり尽くしてしまったようなファッション業界に新たな風が吹いている。
世の中の変動に、日本の若い世代は原点に回帰している。
それはたまに、極めて「日本」という認識を意識させるものでもあった。


ドメスティックブランド、「YAB-YUM」の名前の意味はネパール語で愛と同情、または男性と女性のエネルギーの和合を意味している。

YAB-YUMは移り変わりの早い東京のファッションの中で、どのようにして自分たちのファンタジーや哲学をブランドの中で表現し続けるかをストイックに追求している。
それらのスタンスはYAB-YUMのライフワーク等にも現れており、長年に渡るその根強い支持がその人気度を示している。

そんなYAB-YUMがアドバイザーを務めるクリエイティブユニット、『homo-Faber』
若手デザイナー3人が、YAB-YUMと共にファッション、アートの空間の中で各々のクリエイションを表現している。

これまでの大衆向けのプロダクトに疑問を持つメンバーが、モノ作りの原点である 手仕事 から生まれるアイテムを発信していく。
そしてそれらは「今」を刈り取っている。新たな潮流である。


homo-Faberを支える各デザイナーは、前出のパトリック・ライアン氏が教授を務める、武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科で、ファッションデザインゼミを専攻していた元生徒達である。

日本では、クリエーターが活動する場や、クリエーターの支援といった面では、公的なものを含めて疎い。
一方で、YAB-YUMの直営店である場所をパトリック氏が共有するのは、若手デザイナーが活動する場を創造したいと考えていたから。
2008年に卒業制作コレクションで、最も評価が高かったデザイナーが主体となって、コンセプトから店舗作りまで行った。
実際にデザイナーが順番に店頭に立ち、接客することは、パトリック氏と同デザイナー、吉田氏の提案でもある。


何かと縦横分断しがちなこの業界において、このようなスタイルは未だめずらしい。
特にファッション産業を、真に再興させたいと願う国内の関係者は、このパラグラフだけでも読んでいただきたい。
今季、これまでhomo-Faberという枠で活動していたデザイナーが、各々の方向に動き出した。
特により個人的なオリジナルのクリエイションを表現している、3つのブランド
「fiiju(フィジュ)」「YANTOR(ヤントル)」「jantar mantar viator(ジャンタルマンタルヴィアトール)」。
YAB-YUMの遺伝子を新世代で昇華すべく、頭角を現してきた。
next
ホモ・フェイバー
homo Faber homo Faber homo Faber homo Faber homo Faber homo Faber
homo Faber homo Faber homo Faber homo Faber homo Faber homo Faber
Copyright © 2010 Japan-Fashion.com. All Rights Reserved.