index

SILENT CHANGES

あなたが東京、原宿のキャット・ストリート(日本のファッションにおける栄光に捧げられますが)に関して知るべきである最初のことは、「キャット・ウォーク」と関係ないということ。
「人」、「ユニーク」、「東洋の流行の宝物」を考えて、ほかの場所では見つけることができない何かが、あなたのスタイルを劇的に定義する。
そんな時、あなたはキャット・ストリートを思い浮かべます。
このようないくつかのヒストリーは今。 …すべてのルーツと物語はどこへ?

まず最初に川がありました。
それは埋め立てられ、前世紀90年代にはストリートファッションメッカになりました。
あだ名は辺りに住んでいた野良猫によって与えられました。でも正確には、旧渋谷川プロムナード。
私たちの多くはその通りをとても個性的なお店で溢れていたキャットストリートとして記憶しています。でも結局、それは名前だけではなく、それら野良猫たちの自由で奔放な精神とユニークなアイデンティティも引き継ぎました。


数年前まで、キャット・ストリートは栄えていました。全国から最良のデザインを必要としていた若い日本人を引き付けて。 敏感であって、芸術的であることで、それらの小さい店は、ちょうど1つのブランドとして存在していたようなもの。
でも、これは少なくとも現在まで。


ぐらついている経済は被害をもたらしました。
過ぎ去る慣習にとらわれないように、買物客の大部分は共に過ぎ去りました。 閉じているドア、人気のない場所、および「under construction」のサインは以前にあった豪勢なデザイナー特有の佇まいを台無しにしています。
見つけにくいレーベルがとても見つけにくいようになったので、私たちは単にそれを消滅と呼ぶことができます。
巨大なファッション企業が自身の巨大な店を原宿のこの地域、インコースに持って来たので、最も有名でおしゃれなキャット・ストリートを包括する裏原宿は忘却され始めました。
最近の東京のストリートファッションシーンに関して、キャット・ストリートが伝説になったと言えること自体、テリブルなことなのです。

新しい動きはマス・ファッション製品で満たされた、近くの明治通りにシフトしているようだけれど。


ディナー・ロガン
JAPAN FASHION
2009/11/10
back
Copyright © 2009 Japan-Fashion.com. All Rights Reserved.